MIKI DNA CASE JIADEP NOTE: A disturbing case, like many others which seem to be cleared in a nick of time.:
He was indicted just 10 days before the 15-year statute of limitations expired.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Man handed 13 years for murder after court accepts DNA evidence (Mainichi)
2006/04/10


A man accused of stabbing a 56-year-old driver and leaving him to die on a road in Tokyo was sentenced to 13 years' imprisonment by the Tokyo District Court on Monday, after he was found guilty based on DNA evidence. The man, Toshio Miki, 57 was handed the sentence after being convicted of fatally attacking 56-year-old Hideo Shirasaki in Tokyo's Adachi-ku in 1990. In addition to the 13-year sentence, he was also sentenced to 14 months' imprisonment for theft. During the trial, Miki had claimed that he was innocent, saying that the DNA evaluation was inaccurate, but the court rejected his claims. Miki was convicted of stabbing Shirasaki in the chest and back after getting into an argument with him in Adachi-ku on Nov. 11, 1990. He left Shirasaki in critical condition on the road, where he was hit by a car and died, according to the ruling. Blood matching Miki's DNA was found on the knife. Commenting on the connection between Miki's actions and the death, the court said there was a clear danger of the victim dying from the stabbing after Miki let him fall on the road. The defendant was also convicted of stealing 2,180 yen worth of liquor and other goods in Saitama Prefecture between July and September 2005. Miki was arrested over the killing shortly before the statute of limitations on the case expired. The case was the second in which pretrial arrangement procedures were carried out to speed up proceedings. After Miki was charged in November last year, pretrial arrangement procedures were carried out five times between December 2005 and March this year to determine the focus of the trial. The trial was carried out over six consecutive weekdays starting on March 9, and the ruling came roughly one month after the first hearing. (Mainichi)

////////////////////////////////////////// JUST UNDER THE DEADLINE Killer gets 13 years for 1990 Tokyo stabbing (Japan Times)

The Tokyo District Court on Monday sentenced a man to 13 years in prison for a 1990 murder in Tokyo. He had been indicted just 10 days before the 15-year statute of limitations expired. Toshio Miki, 57, was found guilty of killing Hideo Shirasaki, 56, on Nov. 12, 1990, by stabbing him with a knife and leaving him on a street in Adachi Ward until a vehicle ran over him. The prosecutors had sought a 15-year sentence. Presiding Judge Masaaki Kawaguchi said Miki's act "was malicious . . . he stabbed the victim numerous times and fatally wounded him." "He stubbornly denied murdering him during the trial and he gave no apology to the victim. . . . The defendant bears heavy responsibility," the judge said. Miki was arrested Oct. 13 and indicted Nov. 2. During the trial, the defense team sought Miki's acquittal, saying the DNA analysis that found the blood on the knife to be his was not credible as it was conducted 15 years after the murder. But the court found Miki guilty of murder, based on his confession to the crime during police interrogation and an eyewitness account, as well as the DNA analysis. The court used a pretrial procedure introduced last November to speed up the trial. Under the procedure, the points of contention between the defense and the prosecutors were narrowed down to the credibility of the DNA analysis. The court held hearings for six consecutive business days after the trial started March 9. The hearings concluded March 24. April 10, 2006

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




足立男性殺害:男に懲役13年判決 DNA鑑定認める

毎日新聞 2006410日 1500

 東京都足立区で90年、靴加工業手伝いの白崎日出夫さん(当時56歳)を殺害したとして、時効直前に逮捕・起訴され殺人罪などに問われた無職、神酒(みき)年雄被告(57)に対し、東京地裁は10日、殺人罪について懲役13年(求刑・懲役15年)、窃盗罪について同1年2月(同1年6月)を言い渡した。被告側は凶器に付着した血痕のDNA鑑定の正確性を否定して無罪を主張したが、川口政明裁判長は鑑定を正確と認め、被告を犯人と認定した。

 迅速で分かりやすい裁判に向け、東京地裁で「公判前整理手続き」が適用された2件目の事件。昨年11月の起訴後、同12月~今年3月に計5回の同手続きで争点を絞り込み、3月9日の初公判から土日を除いて6日連続で審理された。同24日に結審し、初公判から約1カ月での判決だった。

 判決などによると、神酒被告は90年11月12日、路上で口論となった白崎さんの腹や背中を果物ナイフで刺してひん死の状態で転倒させて放置し、車にはねさせて死亡させた。05年7~9月には埼玉県内のスーパーで焼酎やカップ酒など計2180円相当を盗んだ。

 判決は、被告の刺した行為と被害者の死亡との因果関係について「刺した行為が、被害者をその場に倒れさせて自動車に引かせ、死に至らしめる十分な危険性を有していたことは明らか」と指摘した。【佐藤敬一】

 ◇公判前整理手続き1カ月で判決

 公判前整理手続きが適用された今回の公判では、弁護側にとってのメリットとデメリットが鮮明になった。

 メリットは初公判前に開示される証拠の多さ。計約400点にのぼり、中にはDNA鑑定の詳しい資料も含まれていた。

 弁護側は当初、刺した行為と被害者の死亡との因果関係を否定する予定だったが、DNA鑑定の信用性に疑問点を見出し、全面無罪の主張に変えた。弁護人の一人は「過去の公判手続きではここまで証拠の開示がなく、DNA鑑定の信用性を否定するだけの材料が集まらなかったと思う」と評価する。

 一方、短期間で集中的に手続きや審理を進めることは、弁護側にとってデメリットもある。6日間の連日開廷で計18人の証人尋問が行われたが、裁判所は直ぐに尋問調書を整理できないため、弁護側にICレコーダーでの録音やメモを取る事務員らの傍聴が認められた。弁護側は「10人前後を動員して人海戦術で臨んだが、小さな弁護士事務所はできないだろう」と問題点を指摘した。



Murder suspect arrested at last minute pleads not guilty March 9, 2006

A man arrested for murder shortly before the statute of limitations on the crime was set to run out pleaded not guilty to the charges on Thursday. "I didn't commit the crime," Toshio Miki, 56, said at his first hearing held at the Tokyo District Court on Thursday. The court is expected to conclude his trial on March 24 after prosecutors read their closing statement and recommend a sentence. In the opening statement, a prosecutor pointed out that DNA from blood found on the grip of a knife found in a nearby canal matched that of the defendant. Defense lawyers for Miki argued that the DNA test results couldn't be accepted as evidence. According to the indictment, Miki stabbed Hideo Shirasaki, 56, in the stomach and back with a knife on a street in Adachi-ku, Tokyo, on Nov. 12, 1990, severely injuring him, and abandoned him at the scene. The fatal wound was caused when Shirasaki was run over by a car, prosecutors said. (Mainichi)
2006/03/09 日本語



 東京都足立区の路上で90年11月、靴加工業手伝いの白崎日出夫さん(当時56歳)を殺害したとして時効直前に逮捕・起訴され、殺人罪などに問われた無職、神酒(みき)年雄被告(56)は、9日の東京地裁(川口政明裁判長)の初公判で「やってません」と殺人罪の起訴事実を否認した。この事件では公判前整理手続きが適用され、土日を除いて16日まで6日間連続の開廷を予定。24日に論告求刑が行われて結審する見通し。

 検察側は冒頭陳述で「現場付近の用水路から発見された果物ナイフの柄の部分に付着した血痕のDNAが被告と一致した」と指摘。弁護側は「DNA鑑定は証拠能力が認められない」と冒頭陳述し、争う姿勢を示した。

 起訴状によると、神酒被告は90年11月12日、東京都足立区の路上で白崎さんの腹や背中を果物ナイフで刺してひん死の状態で転倒させて放置し、車にはねさせて死亡させた。

 昨年12月から計5回行われた公判前整理手続きでは、神酒被告の行為と白崎さんの死亡との因果関係などに争点が絞り込まれた。【佐藤敬一】

殺人初公判:時効直前逮捕の56歳被告、起訴事実否認












足立男性殺害:男に懲役13年判決 DNA鑑定認める

2006410日 


毎日新聞 

 東京都足立区で90年、靴加工業手伝いの白崎日出夫さん(当時56歳)を殺害したとして、時効直前に逮捕・起訴され殺人罪などに問われた無職、神酒(みき)年雄被告(57)に対し、東京地裁は10日、殺人罪について懲役13年(求刑・懲役15年)、窃盗罪について同1年2月(同1年6月)を言い渡した。被告側は凶器に付着した血痕のDNA鑑定の正確性を否定して無罪を主張したが、川口政明裁判長は鑑定を正確と認め、被告を犯人と認定した。  迅速で分かりやすい裁判に向け、東京地裁で「公判前整理手続き」が適用された2件目の事件。昨年11月の起訴後、同12月~今年3月に計5回の同手続きで争点を絞り込み、3月9日の初公判から土日を除いて6日連続で審理された。同24日に結審し、初公判から約1カ月での判決だった。  判決などによると、神酒被告は90年11月12日、路上で口論となった白崎さんの腹や背中を果物ナイフで刺してひん死の状態で転倒させて放置し、車にはねさせて死亡させた。05年7~9月には埼玉県内のスーパーで焼酎やカップ酒など計2180円相当を盗んだ。  判決は、被告の刺した行為と被害者の死亡との因果関係について「刺した行為が、被害者をその場に倒れさせて自動車に引かせ、死に至らしめる十分な危険性を有していたことは明らか」と指摘した。【佐藤敬一】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ◇公判前整理手続き1カ月で判決

公判前整理手続きが適用された今回の公判では、弁護側にとってのメリットとデメリットが鮮明になった。 メリットは初公判前に開示される証拠の多さ。計約400点にのぼり、中にはDNA鑑定の詳しい資料も含まれていた。  弁護側は当初、刺した行為と被害者の死亡との因果関係を否定する予定だったが、DNA鑑定の信用性に疑問点を見出し、全面無罪の主張に変えた。弁護人の一人は「過去の公判手続きではここまで証拠の開示がなく、DNA鑑定の信用性を否定するだけの材料が集まらなかったと思う」と評価する。  一方、短期間で集中的に手続きや審理を進めることは、弁護側にとってデメリットもある。6日間の連日開廷で計18人の証人尋問が行われたが、裁判所は直ぐに尋問調書を整理できないため、弁護側にICレコーダーでの録音やメモを取る事務員らの傍聴が認められた。弁護側は「10人前後を動員して人海戦術で臨んだが、小さな弁護士事務所はできないだろう」と問題点を指摘した。


 東京都足立区で90年、靴加工業手伝いの白崎日出夫さん(当時56歳)を殺害したとして、時効直前に逮捕・起訴され殺人罪などに問われた無職、神酒(みき)年雄被告(57)に対し、東京地裁は10日、殺人罪について懲役13年(求刑・懲役15年)、窃盗罪について同1年2月(同1年6月)を言い渡した。被告側は凶器に付着した血痕のDNA鑑定の正確性を否定して無罪を主張したが、川口政明裁判長は鑑定を正確と認め、被告を犯人と認定した。

 迅速で分かりやすい裁判に向け、東京地裁で「公判前整理手続き」が適用された2件目の事件。昨年11月の起訴後、同12月~今年3月に計5回の同手続きで争点を絞り込み、3月9日の初公判から土日を除いて6日連続で審理された。同24日に結審し、初公判から約1カ月での判決だった。

 判決などによると、神酒被告は90年11月12日、路上で口論となった白崎さんの腹や背中を果物ナイフで刺してひん死の状態で転倒させて放置し、車にはねさせて死亡させた。05年7~9月には埼玉県内のスーパーで焼酎やカップ酒など計2180円相当を盗んだ。

 判決は、被告の刺した行為と被害者の死亡との因果関係について「刺した行為が、被害者をその場に倒れさせて自動車に引かせ、死に至らしめる十分な危険性を有していたことは明らか」と指摘した。【佐藤敬一】

 ◇公判前整理手続き1カ月で判決

 公判前整理手続きが適用された今回の公判では、弁護側にとってのメリットとデメリットが鮮明になった。

 メリットは初公判前に開示される証拠の多さ。計約400点にのぼり、中にはDNA鑑定の詳しい資料も含まれていた。

 弁護側は当初、刺した行為と被害者の死亡との因果関係を否定する予定だったが、DNA鑑定の信用性に疑問点を見出し、全面無罪の主張に変えた。弁護人の一人は「過去の公判手続きではここまで証拠の開示がなく、DNA鑑定の信用性を否定するだけの材料が集まらなかったと思う」と評価する。

 一方、短期間で集中的に手続きや審理を進めることは、弁護側にとってデメリットもある。6日間の連日開廷で計18人の証人尋問が行われたが、裁判所は直ぐに尋問調書を整理できないため、弁護側にICレコーダーでの録音やメモを取る事務員らの傍聴が認められた。弁護側は「10人前後を動員して人海戦術で臨んだが、小さな弁護士事務所はできないだろう」と問題点を指摘した。


足立男性殺害:男に懲役13年判決 DNA鑑定認める